My Photo

myリンク

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

Facebook Mixi Twitter

« 発声練習 | Main | 自分の使命と仕事について 2 »

2011.07.02

自分の使命と仕事について 1

使命っていうのは、だれでもが持って生まれてきてるんだと思う。
だから、みんなそのために働く。

大金持ちになってもなお、働いたり誰かのために何か行動している人は、
その使命をはたそうとしているから。


「働く」とは、

与えられた仕事をこなして、小銭を稼ぐことではなくて、

誰かを幸せにする、という使命(目的)を果たすこと。

対価は、果たした証。


私がこれに気がついたのは、恥ずかしながらそんなに遠い昔ではないです。
生き方という、人間の本質を書いた稲森さんの著書に出会ったりして
少しずつ大きな意味を考えるようになり。

自分の使命に自覚したのは2008年。
チボリ公園のクマさんに大喜びして映ってる子供の写真を見たときかな。。。
そのクマさんは私のデザインした着ぐるみだったのよね。
こんなステキな仕事ができたんだ、役に立ったんだって感涙しました。
 >当時のブログより

「使命」っていう言葉は大げさに聞こえるけど、
すごくだいじな言葉です。

ビジネス用語では、よく“mission”と呼ばれています。
“mission”と呼ぶより、私は“使命”のほうが、重みがあってしっくり来ます。

漢字だと深い意味が組み合わされていることが分かるものね。

命を使う・・・命がけ!?

命をかけてまでやるということは、
自分が生きている意味の全てということになる。
この社会に、自分という人間がいる意味、価値 とも言えますよね。


私は子供の頃にたくさんの愛をもらって、育ってきた。

親からの愛以外にも、社会にはまだまだ見えない愛情で溢れている。

様々な人が仕事で関わったモノに囲まれ、
それらに自然と助けられ、恩恵を受けて成長することが出来た。

そんなことを、大きくなってやっと気がついた。

たとえば、犬のぬいぐるみのメリーちゃん。

メリーちゃんというのは、
3歳の初めての入院経験で、心細くってぶるぶる震えていたときに
親が買ってくれたぬいぐるみ。

メリーちゃんと名付けたのは、単純にもぬいぐるみのタグに描かれていた会社名です。
(幼児の思考ってそんなモノcoldsweats01

誰かのデザインしたぬいぐるみが、商品化されて、小売店に売られていき、

それを親が買って来て、私の胸元に届く。

そして、ふわふわの毛並みと愛らしい表情が私の心を癒す。

そのほかにも、サンリオの折り紙絵本や、ミッフィーの絵本なども
ちいさな心に安堵の火を灯し、勇気を与えてくれた一つ。

些細なモノではあるけど、

心をちょこっと埋めてくれる存在があった。

おかげで病気は完治し、時が流れ。

現在の私は、気がつけばぬいぐるみや着ぐるみなど
キャラクターデザインの仕事を手がけている。

心の奥底にあった種から思わぬ連鎖によって、じつはつながっていた。

連鎖の種を産んでくれた人は、もしかしたら自覚していなかったかもしれないけど。

本当は直接「ありがとう」って言いたい。
でも言えない。

だから別の誰かにその時と同じ気持ちにさせることで、お礼をしたい。

それが、今は仕事を通して想いを伝えることができている。
こんな幸せなことってないと思う。

映画の『PayForward』を思い出します・・・
恩返しのバトンをつなごうとする少年。

思えば、社会は、恩恵という連鎖のかたまりで作られているんだ・・・。

みんなが独りよがりだったら、世の中争いだらけになる。

天災や政治経済の不安定などの問題はいろいろあるけど、

とかく今平穏でいられるのは、

世の中のためになることを、と、みなが想い、願い、モノを生み出している。

それが心ある連鎖で構築されているから、バランスを保っている。

だから私も今、他のだれかに・・・

いや、だれか一人といわず、できるだけ多くの人にバトンをつなぎ、
つづけていかなければ。

効率よく、一度に大勢の人に返すことができれば、もっといい。

1点1点、手がけるモノに対して、感謝のハートをしっかりと込めつつ。

だからうかうかと平凡な毎日を過ごしてはいけない。
一日は早い。一年も、一生もきっと・・・

そうあせりながらも、たまにポチみたいに
のーんびりくつろいでいたりする自分が居ます^^; 

だから、やっぱり、私なりのマイペースにはなってしまいます。flag

« 発声練習 | Main | 自分の使命と仕事について 2 »

ちづ式☆イラストレーターの目指し方」カテゴリの記事

グラフィックデザイン・WEBデザイン」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 発声練習 | Main | 自分の使命と仕事について 2 »

無料ブログはココログ