My Photo

myリンク

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他のアカウント

Facebook Mixi Twitter

« 夏の面白アイテム | Main | 弟キャラ誕生♪【書籍キャラ実績】 »

2010.08.17

ひやっと経験・・・マンション火災

みなさま、どうもご心配をおかけしました。

昨日、私が第二事務所&住居として利用しているマンションで
火災がありました。
ドタバタな状況から一夜明けたいまでは、いつもの落ち着きを取り戻しました。

昨日のニュースでも大きく取り上げられていたようで、
メール、電話、mixi、twitterなどで連絡を頂いたみなさま、
本当にご心配をおかけいたしました。
そして、ありがとうございました。
うちの斜め下が出火元で、お部屋は残念ながら全焼してしまったようです。
でも、住人全員けがもなく無事避難することができました。

201008161047001_2
避難階段から下りる際、青黒い煙がモクモク上ってきていて、
「これは、下まで逃げられるのだろうか・・・?」
と鈍い恐怖がわきあがりました。
119番に通報した際も声がうわずっていて、手も膝もカクカク。
案外、冷静ではいられないものなんですね。。。

セキュリティの警報が鳴ってから鎮火し住居に戻れたのが
約1~2時間のコトではあったんですが、
その間にもいろいろなことを心底考えさせられる、
大変貴重な経験となりました。


■大切な「物」の順番

ネコのゲージが見つからず、そうこうしてる間に外に様子を見に行ったら、煙があがっておおごとになっているコトが分かり、猫をおいてそのまま逃げる形になってしまったんです。
だから、猫が煙を吸ってしまったら大変!と、もうそれが心配で心配で。
窓から黒い煙が吹き出すたびに、ひどく動揺してしまいました。
猫さえ一緒に避難できていれば、パソコンや、データや、家具や、お金や、服や、モノはいくら燃えても多少のショックだけだったと思います。
鎮火するまで冷静に見守れたと思います。
そして、これがもし子供だったら・・・きっと身体から放さないだろうし、
万が一はぐれても飛び込んだだろうな、と思ったりしました。
モノはいくらでも再生できます。でも、命だけは・・・ね。


■声を掛け合って協力すること。

下の階の方は状況がまったく見えなかったようなので、避難せずうろうろしていたところを、「降りたほうがいいですよ」と誰かが声を掛けてくれてみんなで降りました。
とくに、偶然来ていたクロネコヤマトの配達のお兄さんが、声掛けでは大変活躍されていました。私たちは軽いパニックだったので外部の方の客観的な判断はありがたかったです。
荷物は、無事だったのかしら??


■常に警戒し、備えること。

身支度して瞬時に逃げられるように準備できていなかったことを大変後悔しました。
備えあれば憂い無し。
水害や地震、火事はいつおこるか、本当にわからない世の中です。
常に心がまえと最小限の準備だけは大切にしようと思いました。
特に、火事は最近頻繁に身の回りで起きています。
火の元は特に注意したいですね。


■助けてくれる頼もしい組織社会があること

消防署、警察の方々のここぞというときの働きには、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
ほんとうに頼もしい社会なんだな、と実感・・・。
特に、汗だくで、真っ黒になっていた消防士さんに感謝です。
役割分担もしっかり出来ていて、住人の点呼をとる方、ホースを通す方、
実際の出火現場へ救出に行く方、不在人の連絡網を調べる方、など。
てきぱきとこなす姿に、見守る私たちの心にも少し安堵がもどってきます。
こんな経験をすると、世の中捨てたモンじゃない!と思えます。


■心配してくれた仲間の存在

火事ツイート・・・本当に失礼しました。
冷静になりたくて、だったんだと思います。
現場レポートをしたくなりまして。
でも、文章が冷静でなかったため、余計にまわりに
心配を増幅させてしまいました。すみませんでした。

ツイートを見た近くにいる友人たちが、汗だくで駆けつけてくれました。
「ポチを救助しに、水を被って中に入る覚悟できた・・・」と。(笑)
連絡をくれた皆さんにも、本当に感謝しています。

きな臭さは多少残りましたが、
私たちの部屋は全く類焼もなく、いたってキレイですのでご安心ください。

平常な毎日に、命に感謝。
ありがとうございました。

« 夏の面白アイテム | Main | 弟キャラ誕生♪【書籍キャラ実績】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

怪我や被害がなくてなによりです。

ご近所さんとのつながりは、必要ですよね。
ウチのマンションの火災報知機が故障したとき、
故障かどうかわからなかった時点で
避難すべきかどうかご近所さんとガヤガヤ話をしたのですが
そういうことができない環境であれば
正しい判断ができないし、危険も増しますからね・・・

父は消防士でした。
何度か死にかけたらしいですが、
こういう「何事もなく」というニュースを見ると心底ほっとします。

>れいこ。さん

命を救う消防士さん、ホントに誇らしい仕事だと思いました!
たくましくて、格好良かったわ〜♪
お父さまをぜひ大事にしてください^^

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 夏の面白アイテム | Main | 弟キャラ誕生♪【書籍キャラ実績】 »

無料ブログはココログ